忍者ブログ

EXIT -日常からの脱出-

窮屈な日常から抜け出す、気ままな旅を提案するブログ
06 2017/07 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 08
[02/15 片岡(地球浪漫紀行)]
[12/27 magazinn55]
[12/21 magazinn55]

07/27/05:32
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02/13/19:20
【day 21】-死のドライブ- シェムリアップ→バンコク

旅人、ゆうすけのノープラン放浪記(アジア編)

カンボジアの郊外はこんな感じ

【day 21】-死のドライブ- シェムリアップ→バンコク

→blogranking

→ノープラン放浪記(アジア編)を最初から読む

朝8時にシェムリアップを発った。

だが、俺の乗ったバスはすごいバスだった。冷房が壊れた、イスも壊れたオンボロ小型バス。よく葬式とかの送迎に使われるようなやつね。そして、タイヤがなぜかオフロード仕様のいかついタイヤ。俺はその頃から嫌な予感がしてたんだ。これは死のドライブになるんじゃないかってね。

予想は大的中!

ポイペトまでの間、アスファルトの道ではなく、土と砂利の道。しかもボコボコ。それを爆走する。何度も天井に頭をぶつけた。だってバスがジャンプするんだもん。アクション映画みたいに。そしてスリップも何回かした。晴れてる日にスリップだぜ?訳わかんねーよ。そのたびに舌を出して笑う陽気な運転手。


   ポイペト
2回、休憩を挟んだんだけど、毎回バスをメンテナンスしてる。本当にポンコツらしい。

そして、冷房がぶっ壊れているから、道中は窓を開けなくてはならない。そのため車内も人も何もかも土ぼこりまみれ。でも、閉めたら暑くて死にそうになる。

乗客は白人3名とカンボジア人たちだった。ビックリしてる白人、当たり前のようにすましてるカンボジア人。その対比がおもしろかった。

途中、どっかのバスが道路の真ん中でエンストしていた。マジうける。

あの悪路で雨が降ってたら俺らは完全に事故ってたと思う。

恐るべしカンボジアの道。

で、カンボジアをあとにした俺はタイへ入国。第4の国だ。

入国カードの欄に帰りのフライトNo.(便名)を書けって言う欄があったんだけど、まだ決まってないから適当に書いた。架空の便名をつくっちゃったわけ。でも、クリア。だって、たぶん書かないと入国できないんだもん。タイは帰りのチケット持ってないとノービザで入国できないから。

アヤンプラテートからはバンコクカオサン通りまでバス(ワゴン車)が出ていて、それに乗車。

乗客は日本人とイタリア人だった。日伊同盟ね。

バスの中には変なデブインテリナルシスト野郎が。こいつは車内で「タイの女は簡単に落ちる」とか言ってる。そして風俗の話を延々としている。こいつは勘違いしている。日本人は金を持ってるからモテるだけで、おまえは何も魅力のないただのエロ親父。たぶん日本で彼女ができたことがないんだろう。かわいそうだ。

車内で咳で苦しんでいる女の子には、カンボジアで買った俺の薬をあげた。早くよくなってくれ。謎の風邪薬だけど!

それにしてもタイの道路はすばらしい。アスファルトだぜ?スイスイ車が走る。

結局、道が混んでたりでカオサンに着いたのが18時半過ぎ。

さらに到着直前にバケツをひっくり返したような土砂降り。カオサンは軽く道が水没。びしょ濡れになりながら宿探し。

30分くらい雨宿りしても一向にやむ気配がないから、近くにあった適当なゲストハウスにした。

そういえば、さっき洗濯していたら赤茶色の水がでてきた。よっぽど土ぼこりがすごかったんだろう。

寝る前にカメラもきれいにしてあげよう。
→続きを読む
→ノープラン放浪記(アジア編)を最初から読む

その他の旅ブログもチェック

にほんブログ村 旅行ブログへ人気ブログランキング【ブログの殿堂】
PR

TBありがとうございました

悪路であるシュムリアプ・ポイペトの道も、
タケオ・チャウドック(ベトナム)の道に比べると
天国のようでした・・・

URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
侍 SAMURAI FACTRY : 忍者ブログ : [PR]

TEMPLATE : "SOUTH HOLIDAY" CREATED BY CLOCKWORK LIFE
COPYRIGHT © 『EXIT』編集部 ALL RIGHTS RESERVED.